チーズの歴史のアニメ動画

チーズはいつごろから作られるようになったのか?チーズにまつわる歴史をアニメで解説している動画がおもしろい。


世界に王族ができる前、陶器や文字、金属製の道具ができるよりも前にチーズは存在していました。


紀元前8000年、三日月地帯の初期新石器時代の農民がすでにチーズ作りを始めていました。


農民は農業とともにヒツジやヤギを家畜化するようになり、その乳をしぼりました。


しぼった乳は数時間もすると腐り始めます。乳酸によってタンパク質が固まってきて、やわらかい塊になります。


農民たちは黄色がかった塊は生で食べることができることを発見します。


この塊は凝乳と言い、チーズのもとになります。


これを何年も寝かせたり、圧縮・熟成させたり、絞り出したりしてさまざまな乳製品が作られます。


新石器時代の人々が生き延びる上で、チーズの栄養は多くの利点をもたらしました。


チーズにはタンパク質や脂質やミネラルが豊富ですが、ラクトースがずっと少なくて消化に負担をかけません。


貯蔵して保存することができるので不作や長い冬の間にも栄養を摂取することができます。


トルコで発見された紀元前7世紀の陶器の破片に、チーズやバターが入っていたことを示すものが残されていました。


青銅器時代の終わりまでに、東地中海のあたりで貿易が行われていました。


メソポタミアの市街地では、食生活だけでなく宗教などの儀式にも欠かせないものになっていました。


メソポタミア各地で儀式や人々に割り当てられたさまざまなチーズの記録が残されています。


トルコ近隣の文明の記録には、「レンネット」について記されています。これは凝固作用をコントロールすることができます。


チーズ作りの新しい形として、さまざまな種類の固いチーズの誕生です。


保守的な食の文化の地域では好まれないこともありましたが、多くの人々はチーズを受け入れました。


モンゴルの遊牧民は、ヤクの乳で固く天日干しされたビャスラグを作りました。


エジプトではヤギ乳のカッテージチーズが好まれました。


南アジアでは乳を凝固させるために、レモン汁や酢やヨーグルトなどが使われました。それはパニールというチーズになります。


パニールはカレーやソースに使われたり、焼いて食べたりしました。


ギリシアのシチリア島ではペコリーノチーズに似た固いチーズが作られ、地中海全域で料理に使われました。


カシウス・アリドゥスという固いチーズは、ローマ帝国の国境を守る兵士の食料として重宝されました。


チーズ作りが発展を続けたのは、中世ヨーロッパの田舎に点在する荘園においてでした。


ベネディクト会の修道院で中世の僧侶たちがさまざまな乳を使ったり、さまざまな生産方式や熟成方法を試して数々のチーズが生まれました。


パルメザンチーズ、ロックフォールチーズ、マンステールチーズ、その他のスイスチーズは聖職者たちの手で完成されたものです。


アルプス山脈ではスイスチーズ作りが栄え、14世紀の終わりまでにはグリュイエール地方のチーズの利益を奪うために侵略する出来事も起りました。


産業革命期にはチーズの生産は修道院から工場へと移りました。


現在、世界では年間220億キロのチーズが生産されています。


チーズの発明から1万年たった今でも地元の農場では新石器時代の方法にのっとってお気に入りのチーズを手作りしています。