任天堂とレゴのコラボ新商品「レゴスーパーマリオ」2020年8月1日発売決定

レゴジャパンは、任天堂の「スーパーマリオ」とコラボした新製品「レゴ マリオ と ぼうけんのはじまり~スターターセット」を8月1日に発売する。
コラボ第1弾の「レゴ マリオ と ぼうけんのはじまり~スターターセット」は、初代「スーパーマリオブラザーズ」を彷彿とさせるステージをそのままレゴブロックで再現できる内容となっている。

レゴマリオは、両目、口、お腹に液晶ディスプレイを搭載。動作や色、アクションブロックに対応するカラーセンサーやモーションセンサーなどが認識して多様な表情や反応を見せる。さらに、効果音やBGMを再生するスピーカーも内蔵していて、しゃべったりゲームライクなサウンドを鳴らすことが可能となっている。このレゴマリオは単四電池2本で駆動する。

「レゴマリオ と ぼうけんのはじまり 〜 スターターセット商品概要

・ 販売価格:オープン価格

・ ビ―スの数:231

・ セット内容:レゴ マリオと 7 つのアクションブロックが入ったセット

・ レゴ マリオ:カラーセンサー/モーションセンサー/液晶ディスプレイ/

Bluetooth®を搭載。単 4 電池 2 本にて動作。

・ レゴ スーパーマリオの世界への入り口となる体験を提供するスターターセットです。

基本セットのスターターキットは、主人公であるレゴマリオとステージを構成する7つの「アクションブロック」が同梱されている。クッパやハテナブロックが入った拡張セット「パックンフラワーのバランスチャレンジ」や、クリボーやノコノコが入った拡張セット「けっせんクッパ城!チャレンジ」などの拡張セットを追加することで、ステージを拡充することが可能となっている。

レゴ スーパーマリオの遊びの幅を広げる機能として、レゴ スーパーマリオのアプリを配信予定。アプリとレゴマリオをBluetoothで連携させることでスコアを記録できるようになっている。
さらに。組み立て方法を分かりやすくためのサポートに、拡大・回転機能を持ったデジタル組立説明書が閲覧可能とのこと。