スーパーマリオブラザーズ35周年 任天堂がスーパーマリオ作品を順次リマスター化か

video games chronicle(以下VGC)によると、1985年以来のスーパーマリオシリーズの開始から35年を迎える今年の記念日と同時にイベントを開催予定であるとともに、35年間の スーパーマリオシリーズの過去作品のほとんどをSwitch上でリマスター化される計画が上がっているとのこと。

Nintendo has big plans for Super Mario Bros.’ 35th anniversary | VGC
https://www.videogameschronicle.com/news/super-mario-bros-35th-anniversary/

何のゲームがリマスター化されるかについては、テーマパーク「SUPER NINTENDO WORLD」と任天堂がユニバーサルと制作するマリオのアニメーション映画プロジェトに関する詳細とともに明らかにされることになっている。

VGCによると、「ペーパーマリオ」シリーズのNintendo Switch版が2020年にリリースされると報じており、 Eurogamerは、「スーパーマリオギャラクシー」はリマスターの準備ができているゲームの1つで、そのほか、3Dのマリオの人気ゲームもいくつか含まれているとの情報を得ている。また、新しい「ペーパーマリオ」や、Wii Uの「スーパーマリオ 3Dワールド」は「たくさんの新レベル」が追加されてSwitch版として登場するとも報じている。

Gematsuは、「スーパーマリオ64」と「スーパーマリオサンシャイン」もNintendo Switch版で登場すると加えている。

スーパーマリオの35周年記念イベントが今年6月のE3 2020で開催される予定だったところ、そちらが新型コロナ懸念のために中止になり、現在は計画を再検討中と述べられています。そのE3イベントではゲームとともに、USJにオープン予定の「スーパーニンテンドーワールド」やアニメ映画「スーパーマリオ」 「レゴマリオ」 の詳細も明かされる予定だったとのこと。

ゲームキューブ、Wii、WiiU専用で発売されたスーパーマリオシリーズを遊ぶためには、対応した過去のゲーム機が必要でしたが、Nintendo Switch上ですべて遊べるようになると累計販売台数1億台もあっさり達成しそうな気がします。