カフェインが目覚まし効果を発揮する説明動画 – gigazine

コーヒーを飲むと目が覚めることは有名ですが、コーヒーに含まれているカフェインが体内でどのような目覚まし効果を発揮しているかをアニメーションで解説している動画がおもしろい。

How does caffeine keep us awake? – Hanan Qasim – YouTube

1年間で消費されるカフェインの量は世界で10万トンにも及びます。それはエッフェル塔14棟分の重さになります。

カフェインはほとんどの場合、お茶やコーヒーから摂取される。それ以外にもチョコレートやカフェイン剤、カフェインレスのドリンクにも含まれている。

カフェインをとると、充分な睡眠をとらなくても注意力や集中力、幸福感と活力を維持することができます。しかし、血圧をあげたり不安感を感じさせることもあります。

カフェインは植物から抽出されますが、それにはいくつかの種類があります。特定の葉っぱや種に含まれるハイドーズのカフェインは虫を殺す毒薬としての役目を持ちます。

しかし花の蜜に含まれている少量のカフェインは花に何度も虫を戻ってこさせる役割を果たします。

人間の体内ではカフェインは中枢神経を刺激します。この作用はカフェインが体内の睡眠を誘導する働きを抑制して覚醒させます。

それはアデノシンと呼ばれる物質です。ATP(アデノシン三リン酸)と呼ばれる物質を分解することでエネルギーを得ます。ATPによってアデノシンは放出されます。

脳のニューロンにはアデノシンに完璧に結びつく「レセプター(受容体)」を持っています。アデノシンがレセプターに合体すると連鎖的な生化学反応が起こります。これによって、ニューロンは不活性化されます。そして、脳の信号伝達に重要な働きをする物質の放出を抑制してしまいます。

これが眠気のメカニズムです。

カフェインはアデノシン拮抗剤と呼ばれています。アデノシンがレセプターと合体するのをカフェインが邪魔するというわけです。要するにアデノシンの代わりに、レセプターにカフェインが先回りして合体してしまうのです。

こうしてカフェインは眠気が起こらないようにします。

また、ニューロンはドーパミンと呼ばれる物質の受容体にも関係しています。ドーパミンは、緊張に打ち勝つように脳に働きかけを行います。

カフェインを摂取しない場合、アデノシンがレセプターと合体すると、ドーパミンはレセプターと合体しにくくなります。これに対して、カフェインを摂取した場合は、アデノシン受容体にカフェインは合体してますが、合体したとしてもドーパミンの合体を阻害する作用はありません。

そのため、カフェインを摂るとポジティブな感情になるというわけです。

カフェインを長期間摂取することはパーキンソン病やアルツハイマー病や特定の癌などの病気のリスクを下げる効果があることも分かっています。

カフェインは体の脂肪を燃焼させる能力を高める効果もあります。実際、いくつかのスポーツではカフェインを摂取することは、運動能力を高めてアスリートに不公平な優位性を与えると考えられています。そのため、カフェインの摂取量に規制が設けられています。

カフェインは体にとって良い効果ばかりではありません。気分を良くしたり集中力が高まるきぶんお時に、心拍数は多くなり血圧は上昇します。利尿作用も高めたり下痢や不眠をもたらしたりします。

カフェインを日常的に摂ると、脳はその状態に適応してきます。アデノシン受容体がカフェインで占領されるようになると、新しいアデノシン受容体が現れて、アデノシンと合体するようになります。こうして、カフェインだらけでもアデノシンは効果を発生させて、脳を休めようとします。

集中力を上げるため、または眠気を覚まそうとするためにカフェインの摂取量を増えてくるという行動につながります。

カフェインの摂取を急に止めると、アデノシンを阻害するものがなくなるせいで、不快でふさぎ込んだ気持ちになったり、頭痛や倦怠感、落ち込んだ気分を生じさせます。離脱ともなう不快な気分を味わうことになります。

しかし、数日以内に余分にできたアデノシン受容体は消えてしまいます。

体はリセットされるので、普段通りの集中力が戻ってきます。

https://gigazine.net/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA