日本の電子産業について考える – 日本の電子部品産業はなぜ衰退してしまったのか?

日本は電子産業分野で世界をリードしていた時代は本当に終わったのか?いつから衰退してしまったのか?原因はなんなのか?

日本における電子部品の輸出は、世界金融危機が発生した2007年頃から価値が急落し、2019年に至るまで回復の見込みがありません。日本がどのようにして電子部品産業における優位性を失っていったのかを、経済産業研究所の上席研究員であるウィレム・トルベッケ氏が分析しています。

Why Japan lost its comparative advantage in producing electronic parts and components | VOX, CEPR Policy Portal
https://voxeu.org/article/why-japan-lost-its-comparative-advantage-producing-electronic-parts-and-components

製品と部品ごとの貿易を区別し、製造場所の移り変わりによるコストの変化を考慮してグラフ化すると、世界金融危機後の2008年頃を境に価値が下落しています。一方で韓国と台湾のグラフは2009年頃から急上昇しており、2017年には台湾と韓国がそれぞれ日本の倍以上の値を示しています。

2007年の世界金融危機をきっかけに2008年ごろを境に日本の電子部品産業が衰退しており、今現在までに復活の兆しもないという分析結果が示されています。2007年の世界金融危機と言えばあのサブプライムローン問題を起こしたリーマンブラザーズの破綻が発端となった世界的同時不況。

日本の衰退に対して同時期に韓国と台湾はコスト増加していき、2017年にはそれぞれ日本の倍以上にまで成長した理由については

韓国・台湾との競合において日本企業は価格決定力が低く、世界金融危機によって安価な製品を生み出す国への資本流入が進み、2007年頃から円高不況に直面した日本の電子部品輸出額は円の相対的価値と比較して35%も低下しているとトルベッケ氏は述べています。

よりいっそう円高が加速することになった日本。製造コストの安い韓国や台湾へ資本が流れていっただけでなく、通貨の相対価値を差し引いて考えても日本のコストは35%も低下しているとのこと。

一方で、日本の主要輸入国への輸出の価格弾力性を考慮すると、輸出価格の10%が増加することで電子部品の輸出が2.1%から2.7%減少します。このことから、日本の電子部品の輸出における優位性の喪失は、単に円高だけの影響に起因するものではないとトルベッケ氏は述べています。

円高による輸出利益の低下は、電子部品メーカーの収益に大きな影響を与えました。金融恐慌後の円高と新台湾ドル安により半導体メーカーの株価は下落し、収益の低下が日本の部品メーカーに大きな損害を与えました。しかし2012年頃から円安と新台湾ドル高に転じたにも関わらず、日本の電子部品メーカーは韓国や台湾に並ぶ競争力を取り戻すことはできませんでした。

日本の電子産業の収益の低下はさらに開発力の低下を招き、電子部品メーカーの競争力そのものが衰退してしまっているという。

正直なところ私の所有するデスクトップPCのマザーボードは台湾製でありまして、企業イメージの良い基準も含めて購入しています。パーツ単位でみれば日本国内製のよいものはたくさんあるのでしょうが、国際競争力という単位で総合的にみれば衰退していると言わざるを得ないのは残念なところです。

https://gigazine.net/news/20191028-japan-lost-advantage-electronic-parts/

スポンサーリンク