加害教員の給与差し止めへ 神戸市、条例整備を検討

 神戸市立東須磨小学校(同市須磨区)の教員間暴行・暴言問題で、神戸市が有給休暇の扱いとなっている加害教員4人の給与の支払いを差し止めるため、条例の整備を検討していることが23日、関係者への取材で分かった。条例案がまとまれば、開会中の市会定例会に提案したい考え。

 現行の制度では、処分が決まらない限り、4人には給与や手当が支払われる。市教委は弁護士による外部調査委員会の調査を踏まえて処分を検討する方針だが、同市や市教委には、現在も4人に月額給与が支払われていることについて、市民らから苦情が相次いでいるという。

 こうした状況も踏まえ、同市は職員が今回のような重大事案を起こした場合、正式な処分が決定する前に、給与の支払いを停止する措置が取れるよう条例を整備する方針。

 東須磨小の問題を巡っては、自主退職した場合は退職金も支払われるため、市教委は既に、加害教員の自主退職を認めないことを決めている。

教員が教員を長期間にわたっていじめていたこの問題、いじめの内容もあまりにも姑息で陰湿であることから世間の注目度は高い。加害者教師は出勤停止措置として「有給休暇」を取らせる形で学校には出勤させていないらしいが、なんともいいご身分だなという印象を受ける人も少なくないだろう

現行法上では加害教師に対してそのまま給与が支払われてしまうため、早急な処分が必要とされる。そして今後このような重大事案を起こした場合、正式な処分が決定する前に給与の支払いを停止する措置が取れるように条例を改正する方針だ。

加害教員に対する厳しい目は退職金に対しても向けられている。もしも依願退職などの自主退職を認めてしまうと退職金が支払われてしまうからだ。その点に関して、市の教育委員会は加害教員の自主退職を認めないことをすでに決定している。

加害教員を知る者は、昔からいじめを率先して行うタイプだとコメントする人が多く見受けられる。今後ふたたび教員として採用されることはないと想定しても、違う職業での再就職先でいじめを再び開始するのではないだろうか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000001-kobenext-soci

スポンサーリンク