老後に2千万必要論は本当なのか – “老後にX000万円”本当に必要な額の簡単算定式

金融庁が出した老後の人生プラン「2000万円必要論」。これっていったいどういうことなの?

「老後資金に約2000万円が必要」。今年6月に出た金融庁の試算は大きな話題を集めた。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏は「個別の家庭で必要な金額『X000万円』は、老後の期間や毎月の生活費によって異なる。簡単な算出方法があるので、早めに備えをしてほしい」という

簡単な算出方法について。

「老後に2000万円」はあくまで全国平均でしかない

今年6月、金融庁の有識者会議がまとめた報告書が大きな話題を集めました。報告書は家計調査年報を基に、全国平均の年金生活者の家計実態から毎月あたりの不足額を示し、夫婦で95歳まで生きるには「約2000万円の資産が必要」としました。


この報告書は金融審議会の総会を経て正式文書となるはずでしたが、麻生太郎金融相は「正式な報告書として受け取らない」と反発。結局、報告書は事実上の撤回となってしまいました。


この件が話題になったのは、多くの人が「え、2000万円も貯金がないとやっていけないのか」と受け止めたからでしょう。しかし2000万円はあくまで平均的な話にすぎません。

金融庁の報告書をみると、夫婦95歳まで生きるには約2000万円の資産が必要ということを述べています。平均寿命を大きく上回る人生プランだと資金がより多く必要になるのは当然です。しかし、文末の「2000万円はあくまで平均的な話」と述べています。これはいったいどいうことなのか。

ひとまず最初に述べた簡単な算出方法についてみていくと、

“老後にX000万円”本当に必要な額の簡単算定式

会社をリタイアした後の老後生活に必要額を求めてみましょう。式にすれば、
「(老後の生活コスト:a)=(老後の期間:b)×(毎月の生活費:c)」+「(万が一のために備えておきたい余裕資金:d)」

まず(老後の期間:b)について。日本人の65歳平均余命が男性で19年、女性で24年ですから、少し多めに見積もったb=25年を基本としましょう(厚生労働省「平成30年簡易生命表の概況」より)。


男女ともにおおむね4人に1人がまだ元気である年齢として考えた場合、寿命は男性が90歳、女性が95歳になります。老後期間がさらに6年ほど延びる計算になります。「100歳人生」を考えれば少なくともb=35年ということになります。

算出方法はシンプルなものでした。老後の期間について、その算定をみると「 寿命は男性が90歳、女性が95歳 」として設定していることがわかります。では、毎月の生活費についてみてみると、

次に、(毎月の生活費:c)について考えましょう。私たちは、公的年金収入を老後の生活費として頼りにすることができます。ただし、これは日常生活費でほぼ消えると考えておくのが無難です。


総務省の家計調査年報(平成29年・年平均)でも年金生活夫婦の月あたりの不足額5万4519円があると出ています。ただ、その内訳を見ると、「教養・娯楽費、交際費」の合計が5万2465円なので、飲み食いに困るレベルの不足ではなく、老後の生きがいや楽しみのための予算には年金が足らないと考えるのがいいでしょう。


言い換えれば、「老後のコスト」を2つに分解し「(日常生活費:c1)+(生きがいとゆとり予算:c2)」と分けて考え、


(日常生活費:c1)=(公的年金収入)
(生きがいとゆとり予算:c2)=(自助による老後資金準備額)


とすればいいことになります。もちろんこれよりもっと豊かな老後予算としたい人もいます。この場合はこの月額予算を増額します。

毎月の生活費を「 日常生活費:c1 」と「 生きがいとゆとり予算:c2 」にわけて考えると述べています。 「日常生活費:c1」はほとんど残らず、そこから約55000円が足りないと感じる人が多いという統計結果がでたということに。ちなみに月5万円程度の不足額は何を意味しているのでしょうか?

「教養・娯楽費、交際費」の1か月あたりの平均額は約5万円という結果があります。このことから 「 生きがいとゆとり予算:c2 」 が足りていないと感じる老人が多いということがわかります。

老後を長く見積もるほどに準備額は大きく増えます。これをみて分かるのは、引退年齢を遅らせることができれば、それは老後の目標額を減らす効果も生まれるということです(貯める期間も延ばせる)。またリタイア年齢を早くしすぎることは、老後をさらに伸ばすことになり、準備は困難であることも分かります。

老後の生活の質を上げれば上げるほど生活費と遊興費が増え、それを含めた数字がいわゆる2000万円問題として挙げられているようです。

https://president.jp/articles/-/30296

スポンサーリンク