儲け話のポリシーとは – 本物の”詐欺師”が、簡単に人をダマさない理由

詐欺師といえば巧みに言葉を操って人を騙すのがうまいと思われがちだが実際はそうではないらしい、これはどういうことなのかを知るには商売の要を知る必要があるようだ。

一見、人当たりが良く知識も豊富で話が面白い、でも本当は詐欺師でまんまとうまい話に騙されてしまった、というような話を聞いたことがあるかと思います。しかし、本来、詐欺を働くことは合理的ではありません。


本当に賢い人は、仮に詐欺師としての能力を十分に持っていたとしても、詐欺行為などはやらないのです。本物の詐欺師は、簡単に人を騙しません。なぜなら、騙すほうが儲からないからです。僕は、基本的に、「騙さないほうが得する」と思っています。


どうして本物の詐欺師が人を騙さないのかというと、「商売は、リピートが大事」だからです。詐欺師が騙せるのは、ひとりにつき1回だけです。おまけに悪評が広がる。結局はリピーターにならないのです。ビジネスをしている人は、リピーターの重要性をよくわかっていると思います。

「本物の詐欺師は人を騙さない」という表現に違和感を感じる人は少なくないのではないでしょうか。騙さないのであればそもそも詐欺師ではないと言えるからです。では、説明 「商売は、リピートが大事」 という事についての説明をみていきます。

パレートン法則をご存知でしょうか。2:8の法則とも言われ、売り上げの8割は、2割の優良な顧客によってあげられるという法則です。つまり新規顧客よりも2割のリピーターが重要だということです。


現在、日本は、インバンド市場に力を入れていますが、2018年に訪日した香港人は約217万人(官公庁の「訪日外国人消費動向調査」より)で訪日した地域では、中国、韓国、台湾に次いで4番目になります。


713万人の人口から見ると、実に3人に1人が訪日していることになりますが、実際には85パーセントがリピーターなのです。これはまさに日本が真摯にビジネスをしているからでしょう。


もし、人を騙したり、嘘をついて商売をしたりしていたとしたら、悪評は、SNSを伝い、世界に流れ、リピーターは半分以下になるかもしれません。これを人だとすれば、その人の元にはリピーターは現れないということです。

商売はリピーターを確保することが重要だと述べています。騙すような人とは2度と関わりたくないと思うのが当然の心情ですよね。真摯なビジネスをするとリピーターの割合も増加するのも納得です。

一度人を騙すと、それが周囲の人間に伝わってしまい、さらにマーケットを狭めてしまいます。また他の地域に移っても、同じことをすれば、「マーケットを失う」ことになるでしょう。


真摯に顧客と向き合う、頭がいい人は、このような理由でマーケットを縮小させるようなことはしません。つまり詐欺師や嘘つきは一度しか稼げませんが、正直者は何度も稼げるということです。しかも、だから詐欺師は儲からないのです。

ではどうして詐欺がなくならないのかという疑問がわいてきます。

だから、歴史的な詐欺事件は、大勢から少額ではなく、少数の人間から多額のお金を騙し取る事件になるのです。騙せる人がどんどん少なくなっていき、ご想像の通り、詐欺師の最後はお縄になるか、コソコソと生きていくことになります。

ニュースで報じられるほどの巨額な詐欺事件がときどき起こるのは、一気に大金をだまし取って一斉に消える、言わば「稼ぎ逃げ」です。言い換えれば稼ぎ逃げでしかうまくいかないからということになります。

嘘つきが長期的にお金儲けができない理由は、まだあります。
それは、顧客はそんなにバカではないということです。

今でもありますが、顧客から数百万円や数千万円といった資金を集めるや投資詐欺は、嘘を言いながら、お金を集めます。しかしそのような会社が、長年存続できるわけはありません。なぜなら、嘘はすぐにバレてしまうからです。


食品偽装にしても、投資詐欺にしても、また法の抜け道を使って人を騙すような仕事も、いずれ消費者に見抜かれ悪名を全国に広げることになってしまうでしょう。
詐欺師は、「顧客を簡単に騙せる」と思っていますが、人はそんなにバカではありません。数十人、数百人と被害者が増えていけば、必ず、その分野に精通した人と出会います。その瞬間、これまで作ってきた虚構は一気に崩れ、詐欺師の人生はそこで終わるでしょう。どんなに巧妙な罠を仕掛けても、続くことはありません。その結果、詐欺師は2度と表舞台に立つことはできないのです。


つまり「たくさんの人から少額のお金を集める商売」が、一番潤うということです。
パナソニックの創始者、松下幸之助は、「一人の顧客を守ることが、百人の顧客につながる。一人の顧客を失うことは、百人の顧客を失うことになる。その気持ちを忘れてはいけない」と言いました。

結局のところ「本物の”詐欺師”が、簡単に人をダマさない」という意味は、「 詐欺がビジネスとして割りに合わない 」という意味の言葉遊びにすぎないと言えるのではないだろうか。

https://president.jp/articles/-/30289

スポンサーリンク