米巨大IT企業、記録的な業績が相次ぐ

 米巨大IT企業の4~6月期決算発表が27日に本格化し、記録的な業績が相次いでいる。グーグルの親会社「アルファベット」は売上高と純利益が、四半期としての最高を更新。アップルの純利益は前年同期の2倍近くに上った。コロナ下で社会のデジタル化が大きく進み、もともと強い競争力を持つ巨大ITの業績を、さらに押し上げている。

世界の株式市場が影響を受けるアメリカ株の中でもIT株が記録的な好決算を叩き出している。この背景はやはりコロナによる金融緩和政策が主軸として成り立っているのは一般的にも知られているが、もともとアメリカが牽引して築き上げたIT市場だけあってプラス躍進は当然とも言える。

 

「私たちは、ネット上での消費や企業活動の高まりを目の当たりにしている」

 グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は27日の会見で、構造的な変化を指摘した。

 人々の消費や企業活動のネット上へのシフトで、グーグルの広告収入は前年同期比69%増に。アルファベットの4~6月期の売上高は同62%増の618億8千万ドル(約6兆8千億円)で、純利益は前年同期の2・7倍の185億2500万ドルに上った。歳末商戦の10~12月期以外の四半期で過去最高を達成するのは、異例だ。

検索エンジンやユーチューブでおなじみのグーグルの躍進がやはりすごい。インターネットを使うときはこの2本柱さえあればほとんどの時間を費やして楽しむことができる。実際筆者もPCに向かっているときは半分以上の時間をグーグル関連のサイトを利用している。

 米アップルも、iPhone(アイフォーン)の買い替え需要が好調で、4~6月期の売上高は同36%増の814億3400万ドル(約8兆9400億円)で、4~6月期の過去最高を更新。純利益は前年同期の1・9倍の217億4400万ドルに上った。

 米マイクロソフトは、企業向けのクラウド事業が大きく伸び、4~6月期の売上高は同21%増の461億5200万ドル(約5兆700億円)で、純利益は同47%増の164億5800万ドルに上昇。いずれも四半期の過去最高を更新した。

引用元 ー https://www.asahi.com/articles/ASP7X4D3TP7XUHBI00N.html

日経の頭打ち状態から日本株の低迷などと噂する人がかなり増えてきている中、アメリカIT企業の絶好調によってアメリカ株に乗り出す人も多いのではないだろうか。筆者もアメリカ企業の事情はほとんど知識がないのでこれから注目していきたいなあと思う次第である。