連日20時間勤務で退職者急増…元官僚が明かす霞が関の実態

「07:00 仕事開始 27:20 退庁」。そんな強烈な帯文が目に飛び込んでくる書籍が発売された。タイトルは『ブラック霞が関』(新潮新書)。著者は2019年9月まで、厚生労働省でキャリア官僚として勤務していた千正康裕氏だ。同書の中で千正氏は、勤務時間が20時間以上にも及ぶその働き方を、「忙しい部署の若手のよくある1日」と紹介している。

 こうした長時間労働が常態化した霞が関では、心身の不調を訴えたり、退職していく職員が増え続けているという。「このままでは霞が関は崩壊する」と語る千正氏に、いま官僚たちの世界で何が起きているのかを聞いた。

霞が関が「おかしい」とは思っていなかった
――霞が関で働き始めて、最初に「この働き方はおかしいな」と感じたのはいつ頃のことでしたか。

千正 実は入省してからずっと、そこまでおかしいとは思っていませんでした。というのも、僕が入省したのは20年ほど前(2001年)で、その頃は民間企業もブラックなところが多かったんです。霞が関も異常でしたけど、民間企業に就職した同級生たちも夜遅くまで働いていたし、土日や休日に出勤するのも当たり前でした。だから、それほど気にしてはいなくて……危機感を持ちはじめたのは、この2年くらいですね。

――そこで何が変わったんでしょうか。

千正 数年前から、退職する若手が増えているというのは話題になっていました。ただ、それだけでは「すぐに組織が崩壊する」という感じではなかったんです。でも、バリバリ働いていた中心選手の管理職や中堅の課長補佐の中にも、倒れる人、家庭を壊しそうになる人、離職する人が相次いで出てきました。

厚生労働省などが入っている中央合同庁舎第5号館本館 ©AFLO
厚生労働省などが入っている中央合同庁舎第5号館本館 ©AFLO
 いまは官僚の家庭も共働きがほとんどなので、男性職員も家庭での責任があります。小さい子供がいるのに徹夜で働いて朝に帰る、みたいな生活をしていると、相手にワンオペを強いることになるわけですよ。で、フラフラになって家に帰ると夫婦で喧嘩になる。そうすると、もう何のために働いているんだろう……と。

雑談をする暇もなくなった
――以前と比べて、職場の雰囲気も変わってきていますか。

千正 すごく静かになりましたね。雑談をする暇もなくなったので。僕が入った頃は、上に行けば行くほど暇だったんですよ。管理職はみんな本とか読んでいるし、局長みたいな個室にいる偉い人たちは、テレビで国会中継を見ている。そんな感じだから、若い人も上の人に相談がしやすかったんです。

 でも今は、上から下までみんな余裕がなくてあたふたしているから、「こんな忙しい人の手を止めていいのか」と思ってしまいます。仕事上の最低限の話はできても、「ちょっとこういうことで悩んでいるんです」とか、「この政策についてどう思いますか」とか、そういう会話は全然できなくなっている。若い人にとっては、困っても相談できる人がいない状態で、辛いという声もよく聞きます。

つづきの元記事はこちら

https://bunshun.jp/articles/-/42003?utm_source=twitter.com&utm_medium=social&utm_campaign=socialLink

以下、とある意見

  • 残業代は支払われているの?
  • 純粋にここ数年の「霞が関はブラックですキャンペーン」の黒幕が誰なのか気になる
  • ここに限らず自己犠牲求められすぎです。医療、先生、会社… それに適合した人たちが出世するからさらに組織改革進まない悪循環
  • 病院もブラックですが、同じかそれ以上ですね~ 官僚も楽じゃないですね
  • 民間会社も 実務を無視したスケジュールでいろいろな意思決定がなされる よね
  • でも夏と冬のボーナスに「国家公務員がボーナス〇〇万円もらいました」となると叩くのは何でだろうね
  • 労基署のある厚労省自体がブラック過ぎて、灯台下暗し状態
  • やらなくていいような無駄の極みの作業のような仕事、分業を嫌い人1人に膨大な仕事量の押し付けと”総合職”をスタンダードとする働き方による過剰労働、そしてそれに伴う精神病や家庭崩壊
  • 問題は国会議員の質の低さにある
  • 小川淳也代議士は自治官僚時代に金融庁に出向し、山一證券と拓銀破綻処理をした時は、1日2時間睡眠を1年半やり抜いたとツイートで語っていたが、厚労省の河村のり子さんも似たようなことを言っていた
  • 官僚の一日を追う番組がありました。 官僚の方々は 国会答弁の為に 質問する議員に会いに行き取材 そして与党の答弁を作成する
  • 昔は日中の仕事を手を抜いてわざと残業していたと聞いたことがあるが、今は無能で無謀な議員の尻拭い、後処理、後始末のために働かされているんだろうな
  • 結局国会議員もその辺の市議や町長と同じでレベルが低すぎるから機能できないんですね。無駄だらけで。どうしようもないですね。恥を知らないから。政治家になるべきでない連中が政治家になっているからですよね
  • 優秀な人間は官僚にならず、給料が高いアメリカ企業や中国企業に就職してしまう。→中央省庁の行政事務が崩壊。→日本を属国統治したいアメリカ支配階級と中国共産党はニッコリ。これは考えすぎだろうか?
  • ひとまず国家総合職の方々を批判する輩は同じ仕事量やってみるべきだな。本当に頭が上がらん
  • 国のトップに近いところがこんなんじゃ、企業のブラック化は免れないよね
  • そもそも議員は政務活動費を貰ってるんだから官僚を使わず自分が雇ったスタッフで調査して質疑通告を定刻通りに行うべきなんだよな
  • 自分ならあんな政治家達にアゴで使われるのが何より嫌
  • 本当に優秀な人ならば 民間企業や地元役場等にて活躍してもらえれば社会の底上げになっていいのかもな って思ってしまったり
  • 霞ヶ関の役人は タクシーで帰れるし。 仮眠室あるし。 天下りできるし。 年金たくさん貰えるし。 良いんじゃん?
  • 財務省の緊縮で、霞が関も非正規への切り替えが進んでいる。 ブラック化もその推進で常態化している。 緊縮が何もかも崩壊させる、笑うのは人材派遣会社と反日
  • なぜこんなに仕事が増えてしまったのだろうか マスク配った時期は確かにマスクが不足してたけど正直配る必要なかったし、ただ仕事が増えただけじゃね? マスクのために使ったお金、もっと有意義に使えただろうに
  • 一時期のIT業界みたいなものか …中共武漢ウイルスが蔓延する前までも表面化してないだけで そういうのはあったけど
  • 省庁間での勢力争いを文章ぶつけ合ってするのが官僚なので、放っておけばドンドン業務を肥大化させていく
  • 官僚の上役が余計な規制作って仕事増やして、下に押し付けてるから
  • この地獄を生き残った官僚だけが将来の絶対的な安定を得る事が出来るのだろうなあ
  • 公務員は、残業が多く残業代も限度が決められている。しかし、一部の恵まれた人しか対応できない熾烈な試験をくぐり抜け、国策や地域政策に携われ、安定した地位が保障され、福利厚生は目を見張るものがある。毎年何千人がなりたくてもなれない
  • 古いルールと古いやり方が通用しなくなった マスク配布や10万円にしても 他国と比べて明らかに遅かった。効率の悪い仕事からきている部分が沢山ある
  • 目先の数字だけを意識して、口だけのごますり社員が出世し・のさばり、真面目に仕事する・出来る人を搾取する傾向
  • 国民のためではなく、自己保身と私利私欲のための嘘や改ざん、隠蔽を行う連中の片棒を担がさせられるのなら辞めてしまえ、と考えるのは至極真っ当
  • 無くなった人手を、栄転と見せかけて各地方の国の行政機関から若い人員を補填し続けるため地方に対しても悪影響
  • 霞が関はまず学歴高いやつの鼻をへし折ることから始まる。雑用ばかりさせたり何の指導もせず難しい仕事押しつけたりしていかに自分が無能が思い知らせて洗脳していく
  • エリート面してふんぞり返っている輩はともかく 現場末端で一生懸命やってる人が浮かばれる事を願う
  • 政治家対応やら国会待機やらで擦り減らされ、コンサル外銀行った大学同期には給料で倍以上の差をつけられ
  • まともな感覚の奴が辞めていくと基地外が濃縮されて組織が腐りきる。日本はそういう企業が多すぎる。政府組織も同じだな
  • 桜の会の証拠隠滅とかやりたくないよなー