『鬼滅の刃』大ヒットするも 映画業界が素直に喜べない事情 焼け石に水か

「『鬼滅の刃』の特徴として、複数回鑑賞するファンが多いという点があり、興行収入はまだまだ伸びそうです。『千と千尋の神隠し』(308億円)を超える可能性もあると見られています」(大手映画会社社員)

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の勢いが止まらない。公開からわずか17日間で、興行収入が157億円に到達。興行収入ランキング歴代トップ10に入った。

コロナで危機にあった映画館には、千載一遇のチャンスだ。

「新型コロナ流行以降、映画館では座席の間隔を空ける間引き販売を行ってきました。それが10月の鬼滅の刃の公開に合わせる形で、全席販売を解禁したのです」(都内映画館スタッフ)

だが、映画業界はこれを手放しに喜べないジレンマに陥っている。

9月に全国興行生活衛生同業組合連合会が感染拡大予防ガイドラインを改訂し、収容率100%にする場合には「館内での食事をさせないように努める」と定めたからだ。多くの映画館がポップコーンなどを含め、館内での食事を禁止している。

「映画館の飲食品の利益率は50〜80%と非常に高い。映画館にとってチケットと飲食は両輪なのです。全席販売を解禁した反面、ポップコーンなどの売り上げが激減し、稼ぎ頭が奪われているのです」(前出・スタッフ)

映画会社も同様だ。映画がヒットした場合、最もうま味が大きいのは、製作委員会に入っていること。だが、今回製作委員会方式はとらず、「製作」として集英社など3社が入るのみ。大手映画会社は入っていない。

「鬼滅は高い興行収入が予想されていたので、製作に入れる企業を絞っていたのです。大手の東宝は、アニプレックスと一緒に配給会社として参加しています。配給の取り分は、興行収入全体の1〜3割。

もちろん鬼滅は大きいのですが、東宝は8月の中間連結決算で、純利益が前年同期比83%減という惨状。焼け石に水なのです。鬼滅ヒットでも特別ボーナスなどを出す予定はないようです」(前出・社員)

引用元 週刊現代 https://gendai.ismedia.jp/articles/-/77206

以下、とある意見…

  • 引き続き飲食は禁止だから鬼滅ヒットの中でも前年同月比の純利益が8割減少だそうで
  • 鬼滅が閑古鳥が鳴いていた映画館にとって干天の慈雨になったことは 間違いない事実。他の邦画はその役割を果たせなかったというだけ
  • 他作品は関係ないよね 鬼滅祭りに行きたいだけであって
  • 「映画館の飲食品の利益率は50〜80%と非常に高い。映画館にとってチケットと飲食は両輪なのです。全席販売を解禁した反面、ポップコーンなどの売り上げが激減し、稼ぎ頭が奪われているのです
  • これ鬼滅関係ないのに、鬼滅のせいみたいな記事の書き方ほんとマスゴミ感すごいっすね
  • 焼け石に水って言っても! ヒットしてなきゃ もっと悲惨だっただろ
  • ポップコーンは利益率良いんだろうけど、手掴みで食べる物は今は避けた方がいい
  • ポップコーンは咀嚼音立てながら食ってる奴居るから販売しなくていいよ
  • いや。。人がこれだけ入ってるだけで喜ぶべきじゃない? 飲食して、コロナが出て、上映中止じゃ笑えない
  • 映画の観賞料金はさほどの収入にはならず、映画をみながら食べるポップコーンが主な収入元とは…
  • あーだからこの時期にいきなり「映画館では満席でポップコーン食べても大丈夫です」て言い出したのか
  • フード・ドリンクが売れないなどこの映画のヒットがあっても全体的には焼け石に水という話だった
  • 鬼滅を上映していない映画館、特にミニシアターには何の恩恵もないからね。 業界全体の底上げにはならない
  • 実益は下がってるし、マイナス分を補ってるだけだから